スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オッケーーーーーーーイ!!! 

星野ジャパンやりましたね。
北京への切符を見事手にしました

オッケーーーーーーーーーーイ(by古田さんw)
スポンサーサイト

ダルまー対決 

本日は札幌ドームでの最終戦でした。
ダルvsまー君対決!観戦してきましたよ。

平日の試合にも関わらず42,222人の超満員!!
みんな見たかったんですね。ダルビッシュとまー君の投げ合い。


結果は9回裏、坪井のサヨナラ打でハムの勝ちでした。
うれしいんです。ハムが勝つことはものすごくうれしいんです。
でも、なんだか心の底から素直に喜べないというか・・・
こんなに複雑な心境で観戦したハム戦ははじめてですよw

逆転サヨナラ勝ち。しかも札ド最終戦で坪井のヒーローインタビューなんっつったら
本来の私なら、それはもう~もの凄く興奮したはずなんですけどねぇ…
いやいや、うれしかったんですよ。今日は勝たなきゃいけない試合だったしね。

でも、札幌でまー君が勝利する姿も見たかったってのが本音だったりして。。

いやぁ~、ハムファン失格ですね。私・・・



そうそう、今日の国家斉唱はチームナックス。始球式は大泉洋でした。
ダルまー対決に坪井のヒロインにチームナックスに・・・
今日は私にとって贅沢極まりない一日でした。



そしてまー君、今日は負けてしまいましたが、8回までのピッチングは最高だったよ。
来年は今回の苦い経験を糧にしてもっともっと成長した姿を見せてくれるのではないかと思ってます。



甲子園 

夏の甲子園、今年の決勝戦もドラマチックな展開でした。

今年はもしかしたら、駒苫の史上初の4年連続決勝進出もあるかもしれないって事で、本日は前々から休みを取っていた私w

なのに・・・・orz

駒苫は初戦敗退

期待していた分、正直、凹みましたね~w

とまぁ、凹みはしましたが、
広陵が決勝戦に進んでくれて、少しは報われた気持ちに…w

本日の決勝戦は駒苫と春の覇者・常葉菊川をやぶった広陵と、再試合も経験し、優勝候補の帝京をも下した勢いのある佐賀北。

試合は、広陵のピッチャー野村くんの前に佐賀打線が沈黙状態。
一方の広陵は連続無失点の佐賀エース久保くんからも2点を奪い、
4-0と一方的な展開。

このまま終わるかな?と思っていた矢先、
8回裏にミラクルが起こりました!!!

佐賀の攻撃。
ピッチャー久保くんのヒットを皮切りに、甲子園の雰囲気が一気に佐賀よりに。

今まで完璧なピッチングをしていた野村くんが崩れだし、
一死満塁から押し出しで1点。
そして・・・まさかの

逆転満塁ホームランーー!!!

沸き立つスタンド。

私もテレビの前で一人、興奮しましたね~。
なんてドラマチックな展開!

その後9回表、広陵は追いつくことが出来ず、佐賀北初優勝!
公立高校が優勝するのは何年ぶりなのだろうか?

とにかく、おめでとーーーーー

なんとなくですが、スタンドの雰囲気といい、2004年の駒苫初優勝を思い出してしまいました。

完全アウェーな甲子園の雰囲気にのまれてしまった?野村くん。
審判の微妙な判定にもポーカーフェイスで投げ続けていたいた姿は
見ていてちょっと辛くなりましたが…

佐賀の勢いにはやっぱり及ばなかったって事なのでしょうね?

野村くんや広陵ナインにも拍手を送りたい気持ちで一杯になりました。

いやぁ~。なかなか見応えのあるいい決勝戦でした。

両校とも、すばらしい守備で魅了してくれましたし…
今年も、どちらにも金メダルをあげたくなるような試合だったな。
ちなみに去年は私の中では両校優勝ですからw

やっぱり夏の甲子園はいいですね。
あの爽やかな汗と涙にハマってしまうんですよね~w

今日の熱闘甲子園、楽しみだなぁ。

ハム13連勝~~ 

我らが日ハム 13連勝です

すごいっっ

昨日、フェルナンデスを相手に勝利できたのは…もしかして

ヒルマンがヒルナンデスに変身

してくれたおかげかもw⇒

ヒルマン監督、ナックル投げれるんですね~w
でも、セギに当てちゃ~イヤですよw監督・・・w


さてさて、昨日の対広島戦。
私はまたしても札ドで観戦してまいりました。

13連勝がかかった試合。
ホームだし…なんとなくですが、勝てるような気はしてたんですけど…

ホントに勝ってしまいました。

が、しかし!

昨日もなかなかスリリング?な試合だった・・・

8回裏まではサクサクっと進んでいた昨日の試合。
4-1でむかえた9回表でまさかの展開・・・

守護神マイケルの登場で軽く2アウト!
ここまでは良かったんですが・・・

あと1人というところで…色んな事が起きちゃったんですよねw

まずは、簡単に討ち取れたはずのものが取れずでカープ、2アウトから出塁。
更に本日ソロムランも放っている喜田GO!くんが粘りに粘る・・・
真っ二つに割れたバットは飛んでくるわで、すっかり調子が狂ったマイケルは喜田にフォアボール。

そんな中・・・

私の4列ほど後ろの席に座っていた
熱狂的カープファン@そこそこイケメン・メガネ男子の野次が飛ぶ・・w

「須永出せーーーーー

おっと!そう来たか~w

その野次に思わず軽く笑ってしまった私・・・orz
ごめんよ須永…

ってか、ウケてる場合じゃなかったんですよ。


次の打者は石原。ここで主審の疑惑の判定が・・・

三振で討ち取り、勝利!!のはずが…バットに当たって?ミットに入ったボールをファール扱いされてしまいまして…
録画したものを今日見返してみたところ…まぁ確かに微妙ではあったんですけどねぇ…

結局仕切りなおした直後に三遊間を抜かれ、
なんと!満塁。。。orz

あ~~~

あと1人!1つのアウトが・・・遠かったよ・・・


最後は散々ピンチに晒されましたが、マイケルがフルカウントからフライに討ち取り、勝利!

ハラハラドキドキの展開!!

本当にどうなることかと思いました。


とりあえず勝ててよかったぁ・・・

何はともあれ、

13連勝!おめでとう~~ハム

13連勝、交流戦10割って、ホント凄いと思うんだけど…
しかも外国人監督の13連勝は初なんだそうで…

なのに・・・

北海道以外はイマイチ話題になってなかったりするような…w
それが、やっぱりハムって事っすかねw


さて、明日はヤクルト戦。

こうなったらとことん勝ち続けてほしいんですけど…

現在のプロ野球連勝記録は18だそうです。
まぁ…18連勝なんて、ありえないので期待はしませんが

この勢いで今シーズンも最後まで突っ走ってほしいです。



日ハムvs阪神 ドーム観戦記 

このところ、どっぷりと砂時計だった私ですが

久々に野球観戦ネタでも、綴ってみようかと・・・

昨日はですね。札幌ドームで日ハム阪神戦、観戦してきました。
昨日のドームはなんと42,222人の観客で満員状態。
私は一塁側のアッパー指定席で観戦したのですが…
いつもは一塁側と言ってもほとんどがハムファンだったりするんですけど…昨日は明らかに様相が違っておりましたw

周りはほとんど阪神ファン・・・・

正直、ちょっと怖かったw

ハムの先発はエース・ダルビッシュ有。

8回まで阪神打線を2安打1失点に押さえる貫禄あるピッチングぶり。
若干、ボール球が目立ってたような気もしましたが…
打線も好調。8回裏までで8点奪取!

8-1で向かえた9回表。

もう~あとはサクっと3アウトで余裕の勝利!
ハムファンの誰もが思っていたその回。
あんなにハラハラすることになろうとは…思いもよりませんでした


9回からダルに変わって出てきた須永が・・・・大炎上・・・・

あれよあれよという間に1アウト満塁。

満塁ホームランなんて事にはならないよね?ねぇ・・・ならないよね??
頼むよ・・・・なんて思っていた矢先に・・・・

甘く入ったストレートを思いっきり金本に振りぬかれ、

悪夢の満塁ホームラン!!!!

この時の阪神ファンの盛り上がり方が半端じゃなかったw

ホームなのにまるでアワェーな雰囲気w

須永炎上で変わって出てきたのが江尻投手。
なぜか負けないえじりんですが・・・そのえじりんがピンチを更に広げてしまいまして・・・orzorz

1アウト1・2塁。

待てよ!ここでまた一発浴びれば・・同点じゃない!!

ココで阪神ファンの盛り上がりは最高潮に・・・w

さすがにコレはヤバい。

そこでようやくマイケル登場です。

こんなことになるのなら・・・
最初からマイケル出しときゃよかったんじゃなかろうか?

最後はもの凄くハラハラしつつも、マイケルが押さえ。
ハム、なんとか10連勝。

時間とマイケルの無駄遣いって感じでしたが・・・
とりあえず、よかった。よかったよ。。。

お立ち台に上がるダルビッシュ。

「点を取ってくれたので楽に投げられました」
「連勝を止めなくて良かったです」


と笑顔で話してましたが・・・内心どうだったんだろ?

ピッチングもお立ち台でのヒロインも、それはもうかっこよかったダルビッシュ・・・

ただ・・・後ろ髪が長すぎたw
お願いしますダルさん。めんどくさいとは思いますが…

後ろ髪、そろそろ切っていただけませんか?

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ちょっとよろしいでしょうか… all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。